老人ホームの種類

高齢化社会になり、老人ホームへの入居を希望する人も増えてきましたが、老人ホームにはどんな種類があるんでしょうか?老人ホームの種類や特徴について詳しく解説します。

老人ホームにはどんな種類があるの?それぞれの特徴と共に解説!

老人ホームとは

老人ホームは、高齢者を対象にした施設や住宅の総称で、寝たきりの人が利用できる施設や、自立していないと入れない施設、認知症の人の施設など、種類は様々です。

老人ホームに入れるのは、大体60歳以上の人で、老人ホームによっては、65歳以上や70歳以上にならないと入れない種類の施設もあります。

自立できる人、要支援の人、要介護の人というような種類に分かれているため、老人ホームに入りたいなら、各施設の特徴をよく理解しておく必要があります。

老人ホームの種類

老人ホームと一言でいっても、老人保健施設や特別養護老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅など、様々な種類があります。

リハビリを主とした施設、食事やトイレなど日常生活の全てに介護が必要な人のための施設など、老人ホームは種類によってそれぞれ特徴があります。

老人ホームを探す時は、こうした種類とその特徴をよく理解してから探すようにしましょう。

老人ホームの特徴

老人ホームは種類によって特徴が違います。

まず老人保健施設はリハビリ目的の施設なので、入所期間は基本3ヵ月だそうです。

特別養護老人ホームは、日常的に介護が必要な人が入る種類の施設で、他の施設よりも施設サービス費が低く、入所希望者も多数いて、入所待ちの状態が続いているそうです。

それからグループホームは認知症の人が共同生活をする施設で、ケアハウスは介護の必要がなく自立できる人が対象の施設、サービス付き高齢者住宅は、バリアフリーで生活相談、安否確認、訪問介護サービスなどを利用できる施設です。

有料老人ホームは、入居時の一時金が必要だったり、特別養護老人ホームより月々の費用が高く負担の大きい老人施設ですが、その分、様々なサービスがあります。

種類と特徴が分かれば、最適な老人ホーム選びができるんじゃないでしょうか。

Copyright © 老人ホームにはどんな種類があるの?それぞれの特徴と共に解説! All Rights Reserved.